読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

can8kunの日記

ぼちぼちやっています。

バレンタインはいつから今のようになった?

バレンタインデーの歴史は、古くローマ帝国の時代にさかのぼりますが、

日本では、1958年頃から流行したと、言われています。

 

バレンタインデーに、とりあえず女性から男性にチョコレートを贈るという習慣は、

日本独自の発展を遂げたものと言われ、

戦前に来日した外国人によっても、一部行われていました。

 

第二次世界大戦後、まもなく流通業界や製菓業界によって、

販売促進のため普及が試みられましたが、世の中に定着したのは、

1970年後半だったと言います。

 

普及した説には色々あって、東京大田区のメリーチョコレートという会社が、

「バレンタインデーにチョコレートを渡すのが良い」と最初に考案した説。

1936年頃には神戸のモロゾフ製菓が、外国人英字新聞に公告を掲載しており、

バレンタインチョコレートを最初に考案をした仕掛け人というのが、

最有力の説と言われているそうです。

その他ソニープラザ説、松坂屋新聞広告説もあるようです。

 

一時、日本でのバレンタインチョコレートの定着は難しいとも言われていましたが、

1970年前半の、高度経済成長が終焉した頃になって、

チョコレートの売り上げが急増したのでした。

女子が男子に本命チョコを贈るという「日本型バレンタインデー」が定着すると、

さらに1980年前半に日本独自の習慣「ホワイトデーと義理チョコ」が登場。

ホワイトデーキャンペーンとして、広まったたようです。

日本のチョコレートの消費量の2割程度が、この日に消費されるほどの、

子供から大人まで楽しむ現在の国民的行事となりました。

 

節分の恵方巻とともに、バレンタインデーのチョコレートも、

流通業界のリードによるものが、大きいようです。


バレンタイン雑学

普通のチョコレートではなく、和菓子のものもあるようです。

① 白いんげんで作った綺麗な外側皮に、中に生チョコレートを入れたもの

② さとうきびと黒蜜を混ぜ合わせ、チンスコウのように焼いて、

 チョコとあわせるもの

③ 砂糖を使わず,羅漢果(天然の甘味料)を使い、

 ガトーショコラのような感じのもの。糖質は2分の1だそうです。

④ チョコレートを千代紙のように薄く作って、

 でんぷんで作られたインクで柄を書いたもの

 (千代・・永遠にご縁があるようにとの願い)

 line テクニック