読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

can8kunの日記

ぼちぼちやっています。

日本で作られるお菓子はレベルが高い

クラッカーのリッツが山崎ナビスコ(現ヤマザキビスケット)との契約を終了して、

インドネシアの工場で作っているものを市販しだしましたね。

 

他の国ではわからないけれど、これは、リッツにとって、

日本の市場を失うことになるかもしれないと思いました。

 

というのも、リッツのクラッカーと山崎ビスケットのルヴァンは当初、

同じ味というアンケート調査の結果があったはずなのですが、

巷の意見を調査してみると、リッツの味が変わったという人が多いです。

 

私はインドネシア工場で作られたリッツを海外で食べたことがありますが、

日本のリッツのほうがおいしいと思いました。
その時は、山崎ナビスコが日本のリッツを作っていました。
多分、日本ではリッツの人気がなくなり、

山崎ビスケットのルヴァンの人気がどんどん出るのではないかと思っています。
私もルヴァン派です。

 

お菓子はやっぱり、どの国にいっても、

日本で作られたものが最高だと感じています。

 

30代 婚活

無駄遣いはしてはいけないと子に教えるのは大切

子供にはお金の価値を早くから教えるのが正解とのことです。
確かに、私が子供の頃、

私の実家は、あればガンガンお金を使うというような家庭でした。
そして、最終的には、お金がないという体験をしています。


しかし、夫の家族は小さい頃から、

無駄遣いをすることなどは悪いことだとしていたので、

夫の両親も夫の兄弟たちも、いつでも裕福な状態です。


夫の父は裕福な家できちんと育てられていたのに対し、

そういえば、家の両親はどちらも裕福な家の出ではなかったので、

お金の使い方を知らなかったのだと思います。


このように、はっきりとした例を見ているので、

子供には、お金の無駄遣いはしてはいけないと教育しています。


ところで、お金がない時の改善方法であれば、

私のほうが夫よりもずっと詳しいです。
がむしゃらに働くのみです!

シュウマイ作りは簡単!簡単!

今日はシュウマイを作りました。
シュウマイは今でこそ、私の得意料理と言えるのですが、

実はシュウマイデビューをしたのはほんの去年のことでした。


それまでは、シューマイは飲茶の店で食べたり、

お店でできたのを買っていました。
シュウマイは作るのが大変だとなぜか思っていたのです。


そんな折、去年のお友達のホームパーティで

シュウマイを作って来てくれた人いました。


その方によると、シュウマイはすごく簡単だということだったので、

挑戦してみたのです。
そしたら、本当に、簡単にできました。


昨日、友人が豚ひき肉で何を作ったらいいかなあと聞いてきたので、

私はシューマイをおすすめしました。


友人も作ってみて、非常に簡単だったということで驚いていました。
我が家も先程、ジャンボシューマイをおいしくいただいたところです。

お菓子

私はお菓子が大好きだ。

子育てをするようになってから、イライラするときなど、

チョコレートを子供に隠れて一個、口の中に放り込むと、
少しだけ落ち着くような気がする。


でも、ある日、お菓子がやめられないのは一つの病気だということを知った。
確かに私もやめられなくなっている。
「これで終わりにしよう」「今日でもう食べない!」と思っても、

「ダメだ!食べないとやってられない!今日だけ・・・」
という日が毎日続くのだ。


これはいけないと思い、色々試したが、未だにやめられない。
本当に、お菓子というのは誘惑いっぱいの食べ物なんだとつくづく思った。
いっそのこと、お菓子をうちから全てなくそうとも思うが、

子供が小さく、おやつがないといけないので、買わざる負えない。
難しい所だ。。。

 

エミオネの使い方

米がない!

夕食の食事作り。
ご飯を炊こうと米びつから米を出そうとした時、

小窓から見える米の量にドキッとしました。
夕飯の分がない…?


パスタはストックしていたものの、

メニューは「サバの一夜干し」「ほうれん草のお浸し」

「切り昆布の煮物」と和食そのもの。

 

このメニューの主食にパスタなんて、絶対ありえない…。
しかも今日は夫がいるので、

おかしな組み合わせで夕食を出す事はできない…。

 

ドキドキしながら米びつの中を覗いて量を確認してみると、

とりあえずは今日の夕飯分と明日の弁当分くらいはありそう。
良かった~…。

 

夫の実家から餅を1キロもらってきたので、明日の朝は餅にするか…。

ちょっと少なめに夕飯分のご飯を炊き、

どうにかピンチをしのぐ事ができました。

どこが似ているの?? 

職場での事。
昼食時、お客様一人ひとりにお膳を運んでいる時、

私の顔をじっと見ているお客様がいました。
ちょうど持っていたお膳がその方の奥さんのものだったので近づいていくと、

お膳を置くや否や「あなたKさんに似てるね。そっくりだわ~」と話しかけられました。

Kさんは先輩の同僚で、バリバリ働く元気なおばちゃん。
私もバリバリ元気な感じに見えるんだろうか…?

前にも違う同僚たちから間違われた事がありました。
後姿がそっくりだそうで…。
確かに2人とも長めの髪を後ろで一つに縛っているし、

お揃いの制服を着ているので似ているかもしれません。

似てると言われると嬉しいし嫌な気はしないけど、

どこが似てるのか分からないとしっくりこないんですけど…。

 

うちのカレー

超辛党の私。カレーも本当は激辛を汗をかきながら食べたい感じ。
でも、家族は主人を含めどちらかというと甘口派。

中辛のカレーでも時々辛いと言います。

 

私的にはグリーンカレーとかイエローカレーとかも、

家で作って食べたいくらいなんですが、

辛口と甘口の2種類のカレーを作るなんて面倒でやりません。

結局両者歩み寄り、いつも中辛と甘口のルーを半々に使って作ります。


子供はそのカレーに、福神漬けの汁をいれて甘くしています。
そして私は一味唐辛子を入れて激辛にしています。

一味もカレーの上から、真っ赤になるくらいかけるので、

家族がドン引きしてしまいます。

 

なので、お皿にご飯を盛り、一味を好きなだけ振りかけてから、

それが隠れるようにルーをかけて盛り付けています。

 

婚活セミナー 名古屋